トップページ > コラム > スリングと抱っこ紐の違い

スリングと抱っこ紐の違い


お子様を抱っこするためのツールとして代表的なものに、

抱っこ紐とスリングがあります。

初めてのお子様が誕生したママの中には、抱っこ紐とスリングの違いが分からず、

どちらを使用すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこでここでは、抱っこ紐とスリングの違い、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介させていただきます。

 

1.スリングのメリット・デメリット

まずはスリングについてです。

 

スリングのメリットとしてはまず、まだ首がすわっていない

赤ちゃんでも安心して抱っこすることができるという点でしょう。

生後3か月から4か月くらいまでの間、赤ちゃんの首はすわっておらず

とても不安定な状態にあります。

 

そのためこの時期は基本的に横抱きが望ましいところ、

スリングであれば首を支えつつ横抱きをすることができるというわけです。

 

またスリングを利用すると、赤ちゃんがお腹の中にいた時と同じ姿勢で

抱っこをしてあげることができるため、赤ちゃん自身が

とても安心できるというメリットもあります。

 

ではスリングにはどのようなデメリットがあるのでしょうか

スリングのデメリットとしては、サイズが大きいため

かさばってしまうという点が挙げられます。

 

また、スリングの場合は基本的に片手で赤ちゃんを

支えておかなければならないため、

常に両手を自由に使うことができないというデメリットもあります。

 

2.抱っこ紐のメリット・デメリット

次に抱っこ紐についてです。

抱っこ紐のメリットとしてはまず、お子様が大きくなってからも

使用することができるという点が挙げられます。

スリングは耐荷重量が軽いのに対し、抱っこ紐の場合は耐荷重量に

幅があるため赤ちゃんが成長して体重が増えてからも使用することができるのです。

 

また抱っこ紐の場合、縦抱っこだけではなくおんぶをすることも可能です。

そうするとママは両手を自由に使うことができるため、

家事やお買い物も楽々とこなすことができます。

 

では、抱っこ紐にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

これは人にもよりますが、抱っこ紐は胸が強調されてしまうものもあるため

外で利用するのは恥ずかしいと感じる方も多いようです。

また抱っこ紐の場合、ママの肩に負担がかかってしまい痛くなったり

肩こりになってしまったりする場合もあります。

 

以上のようにスリングと抱っこ紐には、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

 

そこで抱っこ紐にするかスリングにするかで迷った際は、

それぞれの特徴を把握したうえでどちらが必要なのかを判断されることをおすすめします。

赤ちゃんの首がすわるまではスリングを利用し、首がすわってからは

抱っこ紐とスリングをうまく使い分ける、というのもいいですよね。

 
抱っこ紐を選ぶならこちらのサイトが詳しいです。
http://xn--28j5a7b8cz186a.jp/

 

●編集後記

忘れてならない一番の違いは荷物にならないことです。

 

抱っこ紐はしっかりしているのでかさばりますが、

スリングはトートバックにも入れられるので

気軽に持ち運べるのが便利でしたよ。

 

ママ友と子連れでお茶するときなんて

オムツ・ミルク・着替えなどで荷物は多くなるので

置き場にも困りまるぐらいですから、

少しでもかさばらないのがよかったです。

 

育児雑誌で特集が組まれるおすすめブランド一覧