トップページ > コラム > ドッグスリングの人気が右肩上がりなのには訳がある

ドッグスリングの人気が右肩上がりなのには訳がある


赤ちゃんを育てるママたちに人気のベビースリングを犬用に改良した「ドッグスリング」。ペットブームが続く昨今では、人間と犬が上手に生活するためにも、ドッグスリングの必要性が注目されているようです。

そこで今日は、ドッグスリングについて、そのメリットや選び方、使用時の注意点などをご紹介したいと思います。

ドッグスリングのメリット

①高齢犬や足の病気などたくさん歩かせられない場合

医療が向上したことで、人だけでなく犬の寿命も一昔前より長くなっています。また、心臓が悪い、足が悪いなどの持病はあるけど、散歩が大好きという犬も多くいます。ドッグスリングは、散歩に行きたくても思うように歩けない犬にとっては最適のお散歩アイテムです。

②マンションのエレベーターや廊下など

住人の共有部分を移動するときなどは、犬を抱くようにと規則で定められたマンションも多いと言います。また、供用廊下やエレベーター内での粗相を防ぐためにも、ドッグスリングがあると大変便利です。

③災害時の避難

地震など、いつ起こるかわからない災害時にもドッグスリングは役立ちます。犬を腕に抱いて瓦礫の中を避難することは大変難しく危険ですが、スリングがあれば両手が空くため、防災グッズや大事な物を持って外に出ることができます。

④電車やバスの移動

普段、車を運転しない人には、犬を病院やトリミングに連れていったり、どうしても自宅に置いていけないときにもスリングは役立ちます。布製のスリングは大変軽いため女性でも使いやすく、電車やバスなどの公共交通機関を使った移動にも便利です。

⑤旅行やお祭りなど人通りの多い場所など

小さい犬や高齢犬は、人ごみの中で歩かせると、人や物にぶつかったり蹴られてしまう可能性もあります。特に観光地やお祭りなど人が多く集まる場所では、犬自身も精神的に不安になるため、高い位置で抱っこできるスリングがあると安心感が得られます。

⑥雨の日も楽チン

荷物を持ったり、雨で傘をさす場合なども両手の空くスリングは活躍します。

ペットスリングを選ぶときのポイント

①犬を抱く位置が腰から上になっているか

腰から上の位置に犬がいると、密着性もよく安定するため、飼い主や犬も安心できます。反対に、腰より低い位置の場合は、振動が大きくなったり歩くときに足にあたるため歩きづらいと感じるようです。

②丈夫な生地を使っているか

犬を抱っこする際は、思った以上に飼い主の肩や腰に負担がかかりますが、スリングに使われている生地が薄かったり柔らかい場合は、生地が伸びて余計に負荷がかかってしまいます。

スリングには、肌触りなどの感触を重視する前に、固さのある丈夫な生地が使われているかのチェックが必要となってきます。

③太い肩ひもが使われているか

幅の太い肩ひものスリングは、飼い主の肩への負担を和らげてくれます。

④着用する際、手間取らないか

人ごみの多い道路でもサッと簡単に抱っこできるスリングを選びましょう。また、使わないときはコンパクトに畳めてバッグにしまえるなど、犬用にはシンプルなタイプがおすすめです。

⑤スリング耐荷重チェックしよう

愛犬の体重とドッグスリングも耐荷重をきちんと把握しておきましょう。ベビースリング同様、安全基準を満たした品質の高いスリングを選ぶと安心です。また、ダックスフントなど胴の長い犬には、胴長専用のスリングもあります。

人気のドッグスリング

①エルバ

エルバは「犬との共生を考える」をコンセプトに、2015年7月にドッグスリングのネット販売を開始しました。家族として迎えた犬を天使になるまで見届けることをモットーに、売上金の一部を保護活動や里親支援に充てる取り組みもしています。

エルバのドッグスリングは、赤ちゃん用スリングを請け負う広島の縫製工場の職人の手により、一つ一つ丁寧に手作りされたスリングです。その安全性の高さには定評があり、品質試験において360キロの負荷がかかっても生地や縫製に損傷ができないなど、耐久性にもとことんこだわっています。

【エルバ公式通販】
▼ ▼ ▼
http://www.erva-dog.com/

②フルオブビガー

抱っこが劇的に軽くなると言われるフルオブビガーの商品「抱っこだワン」は、軽量コンパクトで通気性に優れた素材が人気のスリングです。

飼い主の胸元あたりで犬を抱っこできるため、双方共に安定感が実感でき、蓋つきのスリングを選ぶことで、電車やバスの利用も安心してお出掛けすることができます。こちらは身体に巻き付けて、その中に犬を入れる仕組みになっており、犬の体重だけでなく飼い主の身長や体重により、購入するサイズは変わってきます。

安心の日本製で、洗濯方法は手洗いまたはネット使用の洗濯機可となっています。

【フルオブビガー公式通販】
▼ ▼ ▼

③ミスターマック

言わずと知れた犬用品で人気の高いミスターマックのスリングは、犬の快適さにこだわったハンモック式です。使われている生地は耐久性の強いキャンバス生地で、バッグやショルダーの所々にポケットが付いており、エチケット袋や携帯や財布を入れることができます。

また、飛び出し防止のための首輪やリードをかけるフックや、ドッグランなどの利用時に使えるパスケースもショルダー部分に縫いつけてあるため大変便利です。

【ミスターマック公式通販】
▼ ▼ ▼
http://www.mrmax.co.jp/

ドッグスリングを使うときの注意点

①飲食店などペット禁止のお店には入れない

蓋付きのスリングをしていても、ペット禁止のお店には入れません。旅行に行くときなどは、立ち寄り先にペット可の店舗があるかどうか下調べしておきましょう。

②長時間の抱っこはNG

長時間、犬をスリングに入れて抱っこするのはペットの足や腰に負担がかかるため控えましょう。特に、ヘルニアを患ったことのある犬には注意が必要です。

④使用時は飛び出し防止フックを付けよう

ウチの子は安心と思っていても、何かの拍子に犬が飛び出してしまう恐れもあります。高い位置から飛び降りて、骨折や脱臼、ヘルニアになることも考えられるので、フックで防止しましょう。

⑤公共交通機関を利用する場合は蓋つきのスリング

メッシュカバーが付いた蓋つきスリングがあると、電車やバスなどを利用することができますが、中には蓋つきでも利用できない公共交通機関もありますので、事前に電話で確認しておきましょう。

まとめ

犬と共に生活していく中で、抱っこをしないといけないシチュエーションは意外と多いものです。特に、災害時などは防災グッズと一緒にドッグスリングがあると、犬と一緒に避難することができ安心ですよね。「もしも」に備えるためにも、日頃からドッグスリングを使用し、犬にも慣らせておくことが大切です。