トップページ > コラム > 厳選!読者ママモデルの募集先

厳選!読者ママモデルの募集先


ママモデルになるのは、培った「経験」「美貌」「お金」が大切になってきます。子供モデルに比べてもママモデルになれる確率は極めて低く、お金持ちの既婚女性が、夫に「趣味でモデルをやりたいの」と言うのであれば、意外に簡単にモデルになれるかもしれませんが、それはごくわずかの少数意見か夢です。

10歳以下の子供モデルに比べると、成人女性のモデルは何も持っていない一般女性がいきなりモデルになれたらシンデレラです。では、どうやってママモデルになるのでしょうか。

ママモデルになるための最短ルートは、もうすでに雑誌で活動しているモデルさんであることですが、これも一般人ではありません。劇団や大手プロダクションは25歳前後で芸能人の公募を締め切っています。

一般女性からモデルになるには

そんな中モデルになるためには、専属オーディションや、読者モデルに応募するということです。

子持ちの美女で自分に自信あふれ、お金も人より持っている、美容が大好き、そんな美人ママのオーディションの他にも探すと、「一般女性」が必要なオーディションが結構あります。

一般女性と言うのは、たくさんのママの共感を呼ぶということです。共感を呼び、人気を得るということです。

専属オーディションや読者モデルは条件が「プロダクションに所属していないこと」が多くの応募資格になっており、厳選された3選のママモデル募集先は以下の通りです。

でも、厳選した3選の公募は美人や可愛いも優先ですが、「一般のママ」を募集しているのでものすごくお金や美貌に長けたすごいママではなくても大丈夫で、どちらかと言うと共感を呼ぶカリスマ性が大切になってきて、モデルだけではなく、モデル兼ライターを公募しており、書く力も大切になってきます。でもそこで人気を得たら、雑誌に登場も夢ではありません。

mamagirl

mamagirlはM-ON!Entertinmentが季刊発行しているファッション誌です。mamagirlは読者モデルを公募しており、必要事項を記入して送信フォームから公募します。自分の携帯の写真よりはプロダクションに応募するつもりで、撮ったほうが採用率が上がるかもしれません。公募の選考に合格することができれば、モデルになる第一歩です。

選考の面接では、自己PRが大切になってくるので、しっかりと決めていきましょう。

saita

saitaはモデルではなくて、ライターを募集しています。ライターと言うのは、saitaのライターになる事で、自分の経験やアイデア、あるあるなどを投稿するという形になり、saitaを盛り上げる感じで、記事を3つ書くと公開申請が終わったら①お名前(ブロガー名)②連絡先(メールアドレス、電話番号、住所)③結婚前の職業④現在の職業⑤特技や興味のあること⑥ライターのお仕事への熱意⑦公開申請した記事のタイトル

以上を記入すると面接選考に選ばれた方のみ、メール連絡がありsaita公認のママライターになれます。

HugMug

HugMugは読者モデル&ママブロガーを募集しており、エントリーフォームへ必要事項を記入して送信します。書類選考を経て、通過者にはHugMug人気企画のママ子SNAP形式オーディションに参加します。

そこで選ばれたママにはHugMug公認ライターになり、日常の可愛くて素敵な情報を発信するライターになり、人気を得ると雑誌に載るチャンスが与えられるので、カリスマ性も必要になってきます。

その他にもあるよ

以上がママ雑誌の有名なオーディションの概要になってきます。

この3選だけではなくても、随時公募オーディションをチェックしていくと、さまざまなオーディションがあり、自分にぴったりなオーディションを見つけ、応募していくとモデルの道が開けますが、モデルとして活動できるのはほんの一握りで、雑誌やテレビに出られる人はあまりいません。ましてや、モデル経験がない女性がいきなりモデルになるのは至難の業で、大変です。

雑誌が求める女性像によって判断基準が変わってくるので、A社は落ちたけどB社は選考が通ったも結構あるので、何社かチャレンジしてみるのも、良い手です。

やはり、大切なのは、容姿になってきて、ママのブログを見ると、可愛いやきれいな女性が多く、お金がないママや外見の悪いママがいないと見えます。でも、芸能人ばりに美貌を持っていなくても、可愛いママさんなら雑誌やブログをにぎわすいいモデルやライターになれるかもしれません。

日常の可愛いや素敵や感動などをブログにアップしていき、人気を得れば、モデルへの道もあり、心の余裕と子育ての満喫、幸せや可愛い物語を随時ブログにアップして素敵な個性を見せると、モデルの道を志してなくても、ちょっと子供が小さい時にモデルで活動してみようと言う心でも案外ヒットしてしまうかもしれません。結構、運って大事なんです。でもたとえ選ばれなくてもママを磨くいいチャンスになります。