トップページ > コラム > これでOK!授乳中の赤ちゃんがいても安心しておでかけ

これでOK!授乳中の赤ちゃんがいても安心しておでかけ


授乳中の赤ちゃんを連れてのおでかけは気になることがたくさん。「授乳できるところはあるの?」「何をもっていけばいいの?」と心配事はつきません。頼りになるパパやおばあちゃんがいれば安心ですが、一人で赤ちゃんを連れておでかけともなれば、なおさら心配です。でも、ずっと家にいてばかりではママの気分もブルーになってしまいがち。

 

akachan-odekake

 

そこでここでは、授乳中の赤ちゃんをつれて楽しくおでかけするノウハウを紹介します。実は、慣れてきたら2,3歳の幼児連れよりも、授乳中の赤ちゃんの方が楽な点もたくさんあります。ぜひ赤ちゃんとのおでかけを楽しんで、気分をリフレッシュしてくださいね。

何をもっていけばいいいの?

オムツにミルクと、授乳中の赤ちゃんと一緒のお出かけでは、荷物がいっぱいになってしまいます。あれも必要これも大事では重くてベビーカーもひっくりかえってしまいそう。ここでは必要最小限の持ち物をご紹介します。

●ガーゼやタオル1~2枚

ガーゼやタオルが1枚あると、汚してしまったときなどになにかと便利。お出かけ時の必需品です。

●着替え1組

赤ちゃんは吐いたりして服を汚してしまいがち。上だけでなく上下一式持っていくことをおすすめします。

●大き目のストール

どうしても授乳室が見つからないこともあります。そんな時のための大きめのストールをもってきましょう。かさばらないように薄手のものがいいでしょう。このようなストールはちょっと赤ちゃんを寝せる時や、ちょっと肌寒い時にも防寒用としても重宝します。

●スリング

ベビーカーがあるといっても赤ちゃんが外出先で抱っこをねだられることはありがち。そうなったらスリングの出番です。軽いですし、かさばらないので持ち運びに便利ですね。テール付きのスリングなら、授乳時の目隠しの役割を果たしてくれます。日常的にスリングを使っているママなら、色々使い分けてみるのもいいですね。

お出かけ先のチェックも入念に!

●授乳室の場所をチェック!

事前に出かけ先の授乳室の場所をチェックしましょう。百貨店やショッピングセンターにはたいてい授乳室を設けています。これらの情報はサイトで簡単に調べられますので、前もって赤ちゃんのお昼寝中などにチェックしておきましょう。

●お出かけ直前には授乳とオムツ替え

家を出る前にはオムツ替えと授乳を済ませましょう。そうすると最大の難関ともいえる交通機関で赤ちゃんがぐっすりと眠ってくれるかもしれません。

お出かけ先で気をつけたいこと

●出発は余裕をもって

赤ちゃんとのおでかけにハプニングはつきもの。準備万端「さあ、でかけよう」と思った矢先、派手にミルクを吐いてしまったり、さっき替えたばっかりのオムツをまた替えなくちゃならないなんてことはよくあること。

また、電車やバスなとでぐずってしまった場合、最悪途中下車しなくてはなりません。そのようなことを考慮して、出発時間には余裕をもたせましょう。また、誰かと待ち合わせをする際には、待ち合わせ時間の直前に再度授乳をしておくといいでしょう。

●レストランでの授乳はエチケットを守って

授乳室が見つからずに、レストランなどで授乳をしなくてはいけないケースもあるでしょう。そんな時は、人目に付きにくい席を選んで授乳をしましょう。その際はストールなどで覆うことを忘れずに。

また、レストランの座席でのオムツ替えはさけましょう。自宅ではパパがご飯を食べている傍らでのオムツ替えは日常のことです。けれども、レストランの場合は別です。匂いや音で回りに迷惑をかけてしまいがちですのでエチケットを守りましょう

ただ、原則として赤ちゃん連れの食事は、オムツ替えシートなどの設備が整ってい百貨店やショッピングセンター内のレストランかファミレスなどを選びましょう。このような場所なら、何かあったらずぐにオムツ替えシート付のトイレか授乳室に移動すればなんとかなります。また、場所柄家族連れが多いので、回りもなんとなく赤ちゃんに慣れているものです。

一軒屋風のしゃれたレストランやラーメン屋などはさけた方がいいでしょう。

自分の定番スポットをさがそう!

近くに百貨店やショッピングセンターがあるなら、そこを自分の定番スポットにすることをおススメします。運転OKなママなら、交通機関を使うより楽なので、まるますおススメです。慣れてきたら授乳室を探す手間も省けますし、余裕をもって行動できます。

このような場所は、授乳室はもちろんキッズスペースを充実させているところも多くあります。ママが疲れてきたら、そういった場所で赤ちゃんを遊ばせ、遊び疲れたころで授乳して寝かしつけてから帰途につくというのも賢い方法です。

おでかけ初心者ママは、このような自分の定番スポットを見つけてみてはいかがでしょう。1人で不安だったらママ友を誘ってみてもいいですね。逆に1人であっても、待ち合わせの時間を気にしたりせずに気楽に行動できるというメリットもあります。

授乳中の赤ちゃんはお昼寝タイムが長いことも確か。またあちこちウロウロしない時期なので、ある意味楽な点もあるのです。交通機関を使うと緊張したり、慣れない場での授乳は気を使ったりもしますが、その後のお昼寝タイムにショッピングやランチを楽しむこともできるのです。

ママにとってのリフレッシュは赤ちゃんにとっても大事なこと。ぜひコツをつかんで赤ちゃんとのおでかけを楽しんでください。

 

育児雑誌で特集が組まれる人気ブランドは?

ベビースリングのおすすめブランド一覧