トップページ > 手作りできるスリング

手作りできるスリング


1.スリングは手作り可能

現在、様々なメーカーからいろいろなタイプのスリングが販売されています。

そのため、「スリングはお店で買うもの」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

しかし実は、スリングは家庭でも簡単に作ることができるのです。

手芸が苦手という方は「なんだか難しそう」と思って

なかなかとっつきにくいかもしれませんが、一度覚えてしまえば簡単に作ることができます。

 

お子様が幼稚園、小学校と進学するにつれてママが

お子様のものを手作りする必要に迫られることもありますので、

その予行演習のためにスリングを作って手芸に慣れておくというのもいいですね。

 

2.手作りスリングの魅力

スリングを作ることには様々な魅力があります。

まずは自分の好きな生地で作ることができるという点についてです。

お店でスリングを購入する場合、なかなか自分好みの

スリングを見つけることができなかったりもしますよね。

 

この点、ハンドメイドのスリングであれば自分の

好きな柄のものを作ることができるため、思い通りのスリングで

赤ちゃんを抱っこすることができるのです。

 

またスリングは高いものですと数万円ほどするものもありますが、

手作りするとかなり安く製作することができます。

そのためお店で購入する場合にはせいぜい2個くらいまでが限界であるところ、

手作りをすればたくさんのスリングを作ってその日の気分で使い分けることも可能です。

 

3.スリングを作るときの注意点

とても魅力的なハンドメイドスリングですが、スリングを作る際には注意すべき点があります。

それは、安全性に気を付けるということです。

 

スリングは、大切な我が子の命を預けるものといっても過言ではありません。

そのため、生地やリング等の部品に問題があったりすると、

スリングが壊れて赤ちゃんが落下してしまう可能性があります。

 

そこでスリングを作る際にはまず、慎重に材料選びをするようにしましょう。

 

手芸店で材料を購入するにあたっては、布を引っ張ってみるなどして

その強度を確認したり、リングなどのスリングに使用するパーツが

どのくらいの重さに耐えられるのかということについて確認したりすることが重要です。

 

またスリングを作る際にも、その作り方をしっかりと確認し、

丁寧に縫製をすることで強度のあるスリングを製作するようにしましょう。

 

大切なお子様を抱っこするためのスリングは、やはり安心して使用できるものがいいですものね。