トップページ > 手作りできるスリング > ちょっとした工夫でオシャレスリングに

ちょっとした工夫でオシャレスリングに


スリングは意外と簡単に作ることができます。

そして一度作り方をマスターしてしまえば、ちょっとした工夫をすることで

とてもおしゃれなスリングを作ることができるのです。

そこでここでは、オシャレなスリングを作るコツについてご紹介させていただきます。

 

1.生地にこだわってみよう

スリングは、その生地にこだわるだけでもかなりオシャレなものが出来上がります。

 

例えばタンガリー素材です。

タンガリー素材とはコットンをわざとムラができるように染め上げた素材のことをいいます。

素材が綿であるため耐久性や強度もありますし、通気性にも優れているため

赤ちゃんもママも快適に使用することができます。

そしてタンガリー素材を使用してフレアーテールタイプのスリングを作れば、

それだけでとてもおしゃれなスリングになるのです。

 

またこの他にも、凸凹感が可愛らしいワッフル素材や夏用着物の

素材にも使われるしじら織素材、コットンでできたレース素材もおすすめです。

 

2.リングを工夫してみよう

リング付のスリングは、リングを工夫するとさらに可愛く、

そしてオリジナリティー溢れるものに仕上がります。

 

そこでまずおすすめしたいのが、スリングにお子様の名前や

誕生日等を刻印してもらうことです。

最近ではとてもリーズナブルに刻印を施してくれる業者が沢山ありますので、

ネット等でお近くの業者さんを検索してみてください。

 

またネットショップの中には、刻印を施したリングを専門的に

扱っているところもあります。自分だけのリングを使ったスリングですと、

市販されているものよりも愛着がわいて子育てを楽しむことができますね。

 

また、リングをお好み布でくるんで加工するのもおすすめです。

スリング用のリングはシルバーのものかゴールドのもの、というようにせいぜい数種類しかありません。

この点、リング部分をお好みの布でくるめば、

自分だけのオリジナルリンクを用いたスリングを作ることができるのです。

 

3.スリングに装飾をしてみよう

オシャレスリングを作るうえで最も簡単なアレンジ法が、

スリングの本体に装飾を施すという方法です。

スリングは、元は一枚の大きな布ですので簡単にレースやリボンをつけることができます。

 

スリングの外側であれば中に入った赤ちゃんもゴワゴワすることがありませんし、

赤ちゃんを抱っこしたときにはレースやリボンがひらひらと揺れてとても可愛くなります。

 

皆様もいろいろなアレンジをしてみて、自分だけのオシャレスリングを作ってみましょう。