トップページ > 手作りできるスリング > スリングの作り方

スリングの作り方


スリングは、自宅で簡単に作ることができます。

一度覚えてしまうといろいろなバリエーションの

スリングを作ることができるようになりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

1.下準備

それではさっそく縫製をするための下準備をしていきましょう。

まずは布を裁断します。大きさは幅が90cmから140cm、長さは200cmから250cm位になるようにしましょう。

s-handmaide1

背が高い方やパパとスリングを共有したいという方は長めに、小柄な方は短めに裁断することをおすすめします。

 

そして裁断をすることができたら、布全体にアイロンをかけて細かなシワを取り、長い方二か所と、短い方のどちらか一方を三つ折りにしてアイロンがけをします。三つ折りにする幅ですが、大体1cmから2cm位がおすすめです。

 

以上で下準備は完了です。

 

 

 

2.縫製

さて、下準備が完了したらいよいよスリングを縫っていきましょう。

まずは先ほど三つ折りをした部分にミシンをかけていきます。

生地と同じ色でもいいですし、生地にはえる色を選ぶとそれはそれで可愛く仕上がります。

 

ミシンがけができたら、縦長になるように生地を置き、

短い方の一辺(三つ折りにして縫った側)から30cm位のところにまで中心線を引きます。

 

そしてその中心線に向かって、両側から2、3回くらい布を折ります。

布のサイズにもよりますが、最終的に幅が15cm位になるまで折ればOKです。

この折った部分に関しては、ステッチを施してもかまいませんし、

縫製をしないでフレアータイプのテールにしてもかまいません。

 

次に、三つ折りにしていない方の布を先ほどと同じように中心に向かって

2、3回折っていき、幅が15cm位になるようにします。

布が折れたら先の方を1~2cmほど折り返し、ステッチを施しておきます。

 

そしてその部分にリングを2つ通し、肩パットの部分をしっかりと縫い付けます。

単に横向きに縫うだけではホツレてきたときに危険ですので、

四角形にステッチを施し、さらにその中に「×」を描くようにして縫うと頑丈になります。

雑巾の縫い方を想像していただければわかりやすいでしょうか。

 

肩が痛くならないようにしたいという方は、肩に当たる部分に綿を入れておくと

肌あたりが柔らかくなり赤ちゃんを楽に抱っこすることができます。

 

以上でスリングは完成です。

いかがでしょうか。

 

文字で見ると難しく感じるかもしれませんが、

意外と簡単に作ることができるということをお分かりいただけたかと思います。

スリング作りは一度マスターしてしまうと色々なアレンジを楽しむことができますので、

あなただけのオリジナルスリング作りを楽しんでみてください。