トップページ > スリング選びの基準

スリング選びの基準


1.スリング選びについて

ひとくちにスリングといっても、様々なメーカーから

いろいろなタイプのものが販売されています。

 

そしていざスリングを選ぼうと思っても、色々なものがありすぎて

どのような基準でスリングを選べばいいのかわからないという方も多いと思います。

スリングは大事な我が子を抱っこするためのものなので、

そのセレクトは慎重に行いたいところですよね。

 

そこでここでは、どのような基準でスリングを選べばいいのかという点について

ご説明させていただきます。

 

2.スリング選びの基準

・安全性

スリング選びをするにあたって最も重視すべきポイントはその安全性です。

どんなにデザイン性の高いものでも、そんなに高価なものでも、

赤ちゃんに危険が及ぶようなものであれば何の意味もありません。

我が子の安全を守るためにも、スリングは安全なものを選ぶ必要があります。

 

そしてスリングの安全性を判断するにあたって最もわかりやすい基準が

「セーフティスリングマーク(SSマーク)」です。

 

これは、日本ベビースリング協会によって定められた

安全基準をクリアしたスリングにのみつけられるマークのことをいいます。

第三者機関において布地の強度やリングの耐久性、

落下衝撃耐久試験等を行っているスリングであれば、安心して使用することができますよね。

 

・使いやすさ

スリングは毎日使用するものですので、その使いやすさも重要になってきます。

例えば長さの調整に関してですが、リングタイプのスリングと

バックルタイプのスリングではその長さの調整方法が少し異なります。

 

そこでスリングを選ぶ際には、簡単に長さの調整ができるかどうかという点にも

着目してみましょう。

 

・パッドの有無

スリング選びをするにあたって意外と重要になってくるのが、肩パッドの有無です。

赤ちゃんであるとはいっても体重は数キロありますので、

その体重が長時間肩にかかってくるとなるとどうしても

痛みが生じたり肩こりしてしまったりすることがあります。

この点、肩パッドが入っているタイプのスリングであれば

肩にかかる負担を和らげることができるため、

肩の痛み等を防ぐことができるというわけです。

 

・生地・素材

最後に生地や素材についてです。

現在販売されているスリングにはしじら織やコットン、麻、ワッフル地、

ダンガリー、メッシュなど様々な素材ものもがあります。

 

スリングの素材は中にいる赤ちゃんの快適性にもかかわることですので、

夏場は風通しのいい素材、冬場は保温性に優れた素材でできた

スリングを選ぶというのもいいと思います。

 

詳しくは『スリングに適した生地』で写真付きで特徴ををご紹介しているので参照してください。

 

育児雑誌で特集が組まれる人気ブランドは?

ベビースリングのおすすめブランド一覧