トップページ > スリング選びの基準 > 体に負担がかからないスリングの選び方

体に負担がかからないスリングの選び方


子育ては、体力仕事でもあります。

赤ちゃんを抱きあげるとき、授乳をする時、常にママの体には

大きな負担がかかっています。

そのため子育てツールでもあるスリングを選ぶ際には、

身体にかかる負担を少しでも軽減することができるものをセレクトしたいところですよね。

 

そこでここでは、身体に負担がかからないスリングの選び方について

ご紹介させていただきます。

 

1.負担を分散できるものを選ぼう

体に負担をかけないスリングを選ぶためにはまず、

ママの体にかかる負担を分散することができるものを選ぶことが重要です。

 

例えばリング状のスリングの場合、確かにサイズの調整をすることができるなどの

利便性はあるのですが、どうしても肩に赤ちゃんの体重がかかってしまいます。

そのため小柄なママですと肩こりになってしまったり、

長時間抱っこをしていることで肩に痛みが出てきたりするようになるのです。

 

これに対して例えばラップ式のスリングやチューブ式のスリングの場合、

肩や背中などに赤ちゃんの重みを分散させることができます。

そうすると、身体の一点に負担が集中する場合よりもかなり体が楽になるのです。

 

2.自分の体のサイズに合ったものを選ぼう

スリング選びをする際には、自分の体のサイズに合ったものを選ぶことも重要です。

 

例えば背が高いママの場合、スリングはできるだけ長さにゆとりのあるものか

長さの調節をすることができるものをセレクトされることをおすすめします。

ニット地でできているスリング等は特にそうなのですが、

スリングの中には長さの調節をすることができないものがあります。

 

そして体に合わないスリングを使っていると、どうしてもどこかに

無理が生じてしまって腰や肩、首を痛めてしまったりするのです。

 

反対に小柄なママの場合やあまり力に自信がないというままの場合、

まずはできるだけ軽いスリングを選ぶようにしましょう。

ひとくちにスリングといっても様々なタイプのものがあり、

バックル式のものはある程度の重さがあるのに対してニット地のものは

比較的軽くできているという特徴があります。

 

そこでスリング選びをする際には、自分の体型に合っているのかということは

もちろん、スリングの重さについてもしっかりとチェックしておくようにしましょう。

 

スリングは長時間赤ちゃんを抱っこするときに使用するものでもありますので、

できるだけ軽いものを選ぶということは体への負担軽減を考えるうえでは

とても重要なことなのです。

 

育児雑誌で特集が組まれる人気ブランドは?

ベビースリングのおすすめブランド一覧