トップページ > スリングの使い方 > スリングを使いこなすと抱っこが楽しい

スリングを使いこなすと抱っこが楽しい


1.スリングで楽に抱っこを

「赤ちゃんを抱っこする」というのは、口で言うのは簡単ですが

実際にするとなるとなかなか大変ですよね。

ママの体に赤ちゃんをずっとくっつけて抱っこしておいてあげたいのは

やまやまですが、家事もしなければなりませんし、

スーパーにだって行かなければなりません。

 

また長時間赤ちゃんを抱っこしていると腕や腰も痛くなってしまいます。

そうすると、その日の体調によっては我が子を抱っこするのが

辛いという場合もありますよね。

 

そんな時におすすめしたいのがスリングです。

スリングを使用して抱っこすると、身体にかかる負担を和らげて

子育てが楽になるということはもちろん、両手を自由に使うことができるため

赤ちゃんを抱っこしたまま買い物に出かけたり、家事をしたりすることもできるのです。

 

スリングは子育てママにとって、単に便利なツールであるというだけではなく

抱っこや子育てを楽しくしてくれるものでもあるというわけです。

 

2.スリングでできる様々な抱っこのバリエーション

最初のころはなかなかスリングを自由自在に操ることができないため、

いわゆる“赤ちゃん抱っこ”しかできない方も多いかと思いますが、

スリングを使いこなせるようになってくると、様々なバリエーションの

抱っこをすることができるようになってきます。

 

例えば「寄り添い抱っこ」です。

 

これは、スリングのポーチに赤ちゃんを入れたうえでテール部分を

微調整して赤ちゃんの高さを少し上げることで、

ママの体に赤ちゃんをぴったりとくっつけた形でする抱っこのことをいいます。

 

こうすると赤ちゃんはママにぴたりとくっつくことができるため

とても安心することができますし、首がすわっている子であれば

抱っこをしている人は両手を自由に使うことができるため、

思う存分お買い物や家事をすることができます。

 

またスリングのタイプによっては、寄り添い抱っこの他にも縦抱っこや横抱っこ、

腰抱き、おんぶなど様々なバリエーションの抱っこをすることができます。

いつも同じ姿勢だとママも疲れてしまいますので、

このように向きを変えて抱っこをすることができると、

子育ても楽に、そして楽しくなりますよね。

 

3.スリングで抱っこをするメリット

以上のようにスリングを使いこなせるようになると、

赤ちゃんを抱っこすることが楽しくなるということを

ご説明させていただきましたが、実はこの他にも

スリングを利用することには様々なメリットがあります。

 

そしてそのメリットの中でも特筆すべきものが、

「赤ちゃんの情緒発達にいい」ということです。

というのも赤ちゃんは、ママの体に密着している時間が

長ければ長いほど安心感を得ることができ、

情緒の発達にもいい影響が及ぶということがわかっています。

 

そう、スリングを利用して寄り添い抱っこ等をすることには、

大切な我が子の健全な発達にも効果的であるということなのです。

 

育児雑誌で特集が組まれる人気ブランドは?

ベビースリングのおすすめブランド一覧